髙木工務店の介護保険、助成金について

介護保険、助成金について

「バリアフリー」とは、障害のある方が生活しやすいように物理的な物を取り除く、という意味で使われ始めた言葉です。現在では社会的・心理的な場面にも広く用いられるほど、世間に浸透しました。近年では、住宅の老朽化にともなう通常のリフォームや改築に加えて、高齢者や障害者向けの「バリアフリー住宅」へ改修・改築する家が増えています。

住宅のバリアフリー化には、さまざまなメリットがあります。介護の必要がある方にとってはもちろんのこと、ご高齢で介護の必要がない方にとっても、転倒の予防や安全な移動に役立ちます。また、介護をする方にとっては、介護の効率化や経済的・人的負担の軽減にも繋がるのです。

弊社は、福祉施設や高齢者用施設においても多くの施工実績があります。これまでに培った弊社の豊富な知識と技術力を是非ご活用ください。皆様が快適に暮らせるとともに、家庭内事故を未然に防ぐことのできる、安全な家「バリアフリー住宅」をご提案いたします。

助成金について

弊社では、リフォーム助成金についてのサポートも承っております。
平成12年にスタートしたバリアフリー住宅における介護保険制度や、平成19年に設けられた固定資産税減額制度など、一口にリフォーム助成金といっても活用するのは大変です。
各地方自治体によって内容が若干異なったり、必要書類や申請業務などの事務処理があったりと、ご不明な点も多いのではないでしょうか。

バリアフリー住宅へのリフォームや改築をお考えの方は、是非、弊社にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP